amamammelog

都心で働き、都心に暮らす、ワーキングマザーの生活ログ

娘:5歳半

日々弟に対してものすごい天使ぶりを発揮している娘。あっという間に5歳半となりました。早い! 体の成長 身長 114.8センチ 体重 19.3キロ 靴のサイズ 19.0センチ (身長体重は1月計測分/2月分待ち) 相変わらず大きめ。 習いごと * アート教室(月一回) * バ…

息子新生児ライフ:四週目

今週、区の助産師さんの訪問があり、息子の体重を計ってくれたんだけど、なんとすでに4.3キロ!1日50グラムのペースで増えているとのこと。増えているのは主にほっぺたですかね?もはや首は完全に埋れて存在を感じないレベル。沐浴で洗うのもひと苦労。 先週…

息子新生児ライフ:三週目

せめて新生児期の四週間だけでも丁寧に書き残しておこうと思ってたのに、全然タイムリーに書けてない… でもそれは新生児育児に疲弊しているからではなく、 「ゲーム・オブ・スローンズ」(GOT)を観ているから。 暇さえあればGOT。暇つぶしどころか持ち時間の…

Beer for Valentine’s Day

もともとバレンタインは贈るよりも貰いたい派。 しかも今年は産後だからとスルーする気満々だったんだけど、入院中にうっかり見かけたこれ↓が産後ハイな心にグッときたので、息子誕生おめでとうラベルで作ってみた。 納期は約10日間。バレンタインに間に合う…

息子新生児ライフ:二週目

細切れ睡眠がじわじわ効いてきて、絶賛風邪気味。のど痛い・体だるい程度だけど、夜間授乳してるとやはり回復が遅い… 息子 どうやら授乳したら置いただけで寝る新生児ボーナスステージは終わった模様… で、最近は抱っこで寝かしつけもするけど、まだまだ体重…

息子新生児ライフ:一週目

一人目と二人目ではこんなにも違うとは思わなかった。 娘のときは寝ない・泣き止まない・頻回授乳で、心身ともに消耗しまくってた記憶しかないんだけど、今回はよく寝る・あまり泣かない・母乳育児も順調で、びっくりするくらいにラク。5年半ぶりの新生児育…

出産!@愛育病院

前回、なんとなくブログのタイトルに『(陣痛を待ちながら)』と入れたところ、その日の晩に陣痛が始まって、そのまま出産に至るという、まさかの展開となりました!笑。 夜9時ごろから痛みが始まったものの、その日の昼間の妊婦健診でまだ子宮口は開いてない…

教育と学校を考える。(陣痛を待ちながら)

産休に入ったら、特に産前は有意義に過ごそうと思っていたのに、そう思っているだけで2ヶ月近く過ぎてしまったことに驚愕している。年末年始マジック!とか言い訳してる場合じゃないよね。予定日まであと数日。早く生まれてきそうという予想はがっつり外れた…

「Sex Education」S1&2 − 高校生とセックスとイギリス

タイトルからは想像できない、意外と甘酸っぱい系の学園モノ。まーでも高校生とセックスは切り離せないよね。 舞台はイギリスの片田舎。セックスセラピストの母親を持つオーティスは16歳の高校生。本人はいけてないタイプで性的にも超奥手にも関わらず、実は…

遠のいた気配と前回の思い出

頻繁なお腹の張りと不規則な痛みで眠れなかった夜が嘘のように、日を追うごとに陣痛の気配が遠のいていく気がする今日このごろ。予定日まであと2週間切ったんだけどな… どこ行ったんだ陣痛の気配! 今回は2回目の出産だけど、前回経験して辛かったのは、 両…

「The Americans」ー いまだからこそ新鮮な80年代ドラマ

正直、あまり期待してなかった。80年代、冷戦時代のアメリカでごく普通のアメリカ人夫婦になりすまして暗躍するロシア人スパイの話って言われても、なんか新鮮味がないというかピンとこないというか。でも、2010年代のベストTVシリーズとか、Rotten Tomatoes…

福袋2020:Hakka Kids & Noile aime BeBe

書こうと書こうと思ってるうちに松の内どころか鏡開きも過ぎてしまったけど、毎年恒例、福袋の備忘録。我が家のファッショニスタ(娘)にとってはお年玉よりもうれしいお正月行事になってきた。 Hakka Kids: 3年連続3回目の購入。事前に分かるのはアイテムと…

銀座でランドセルを巡る

歩いたほうがよいのは分かっているのだけれど、我が家の周辺は坂多すぎで臨月妊婦には辛いので、ランドセルの下見と言い訳しながら平坦な銀座に行ってきた。 今回、私が足を運んだのは、黒川鞄工房、池田屋、鞄工房山本の3店舗。 そんなに気合を入れてラン活…

偶然とかバースプランとか。

さて、平穏無事に年も明けて、まだ産まれる気配もなく、今年初の妊婦健診へ。 健診を終えて、昼ごはんどうしようかなーと思いつつ病院を出て歩いてたら、ランチのためにオフィスを出てきた夫にばったり出くわした。東京狭い。— amamamme (@amamammetter) 202…

年末年始写真日記

毎年恒例、夫とランチ忘年会@天ぷら山の上。 前夜飲み過ぎて朝起きられなかった夫にブチ切れつつも、予定どおり行ってきた。4年連続4回目、自分たちの記念日・誕生日を蔑ろにしがちな私たち夫婦の唯一の恒例行事。 今年もおせちは意気な寿し処 阿部で調達。…

2020年をどう過ごすか

年明け、結構衝撃だったのがこれ。 本当だ… https://t.co/MhHNgJstDs— amamamme (@amamammetter) 2020年1月2日 2050年と1990年、未来と過去の違いこそあれ、どちらも2020年から30年しか離れていない、あるいは、30年も離れているという…。1990年代に10代を過…

さよなら2019

2019年も早かった。 妊婦だからかなおさら早く過ぎた気がした。 臨月で迎えた大晦日。 今年のうちにどうしても終わらせたかった障子の張り替えを朝イチから夫にやってもらった。障子なんて無縁の人生を過ごしてそうな顔してるのに意外にも手際がよくて感心し…

年内妊婦健診納め

産院の外来診察が年末年始で休診となるタイミングで、とうとう臨月に突入。 年内最後の妊婦健診で、子宮頸管はまだ4センチあって子宮口は全然開いてない、と言われたので、少なくとも年末年始は安心して過ごせそう。しかし胎児の推定体重はすでに2800グラム…

クリスマス2019

直前まで娘のサンタへの手紙に振り回された今年のクリスマス。 本物の楽器が欲しいと書いてあった最初の手紙から、もこもこ付きのヒールのあるブーツとくまのぬいぐるみと人形のおうちが欲しいと書き直された2日前の手紙まで、親サンタは翻弄されまくった…。…

名付けにまつわるエトセトラ。

候補は3つあった。 夫の父方祖父の名前 娘を妊娠中(性別判明前)に考えていた男子用の名前 夫が好きなギタリストの名前 夫の父方のルーツを考慮して(というか、義父は基本的に英語しか話さないので)、日英どちらでも発音しやすく違和感がない名前となると、そ…

ラン活、始めてみました。

初めて「ラン活」という言葉を聞いたときはてっきり皇居の周りを走るとかそういう話かと誤解していたけど、来年にはとうとう娘が年長。ちょうど娘の保育園友達とのクリスマスパーティでランドセルの話題が出たこともあり、ゆるっとラン活始めてみました。 と…

血圧計を買う羽目に…

いつも思ってたんだけど、妊婦健診前の血圧測定、あれっていまいち正確さに欠けてない? 病院に到着するなり、検尿、体重測定、血圧測定… 健診の時間もあるし測定の順番もあるし、ゆっくり休んでからってわけにもいかないから、いつも数値が高め。前回から産…

冬のTDR三日間 追記: ホテルオークラ東京ベイ

今回の滞在ではホテルオークラ東京ベイを利用。 娘は前回泊まったディズニーランドホテルに泊まりたがっていたけど、正直、ホテルとしてのコスパはイマイチなんだよね…。前回はビビディバビディブティックを目当てにバケーションパッケージにしてディズニー…

悲報…映画秘宝休刊…

年の瀬に切ないニュース。 1995年創刊の映画秘宝。洋画にのめり込んでた私の大学時代を象徴するような雑誌だった。 ここ10年は映画よりもドラマばかりを観るようになって、手に取ることも少なくなっていたけれど、いまでもノスタルジックな思い入れがある。…

冬のTDR三日間@妊娠9か月

正確には妊娠9ヶ月半、先週の健診では胎児の推定体重がすでに2400gで、我ながら無茶だよなーと思いつつも、愛する娘のために行ってきました、冬のTDR3日間。 5歳の娘の体力がハンパなかった。 妊娠9か月でも意外と大丈夫だった。 3日間と言いつつも、初日は…

銀座でランチ with まる子さん

産休に入ったら家でだらだらし放題♡ブログ&Twitterし放題♡なんてぬるい妄想を抱いてたけど、どちらも全然できないまま既に10日も過ぎてしまった… いや、家にいる時間は増えたんだけど、ついつい海外ドラマ流しながら掃除とか洗濯とか料理とかクローゼットの…

アドベントのはじまり。

クーリスマスが今年もやーってくるー♪ そのへんはもう娘の方が断然敏感なので、今年は彼女の号令により週末にクリスマスツリーを飾り、1日からアドベントカレンダーも始めました。 アドベントカレンダーは2年連続2回目のメリーチョコレート。扉の内側にメッ…

今日から産休です!Thank you!

このタイトルでブログ書きたかっただけなので、もうこれで終わりにしてもいいような気がするけど(笑)、とうとう待ちに待った産休の始まり♡ 月末だったため普通に仕事が忙しくて、デスクでランチを食べつつ仕事を終わらせて、夕方から挨拶回り&私物の片付け…

1995年の冬とか、そんな時代の話。

小沢健二が今になって1995年は寒かったなんて歌うから、彼が私の王子様だった高校時代のことを思い出したりしている。 地方の進学校での平凡だけど複雑な女子高生ライフがもはや25年も前の話だなんて!いまの私はあのころの私が微塵も想像していなかった人生…

サンタへの手紙と、ガラスの膀胱。

娘がサンタに手紙を書いていた。クリスマスに欲しいものは、「ほんもののばいおりん ほんもののぎたあ ほんもののぴあの」だそうです。どどどどどうしよう。— amamamme (@amamammetter) 2019年11月16日 まだ11月だというのに、早々と始まった(そして行ってき…