あままめログ

丸の内で働くアラフォー母の日々の記録。好きなものや、好きなこと、ときどき仕事や育児の悩みなど。

週に2時間の外部委託: 家事代行サービス

今年の春から週に2時間だけ家事代行サービスを利用し始めた。

 

きっかけは義父の入院。

私の職場復帰後、義母が毎週パルシステムの配送品の受け取りに来てくれるようになり、その日はついでに軽い掃除もしてくれるようになっていたのだけれど、春から義父が入院をすることに。いくら同じ都内とは言え地下鉄で30分かかる距離だし、義父の世話もある義母に甘えてはいられない。しかし誰かに頼れるならちょっと頼りたい…。というわけで、夫と話し合いの結果、家事代行サービスを試してみることに。

 

委託先はインターネットで探した。

定期サービスで、週一で最短2時間からで、生協の配送品の受け取りも可なところは意外と少なかった。けど、最初に問い合わせたところがよかったので、そちらで即決。開始2ヶ月、今のところはとても満足。たった2時間だし、生協もお願いしてるし…と実はそこまで期待してなかったんだけど、ごめんなさい。私、プロを舐めてました。いつも期待を上回る作業量。そもそも私が常に部屋を片付けてるからかもだけど、水周りはぴかぴかだし、部屋には塵も埃もないし、ベッドもきれいに整えられている。だから、家事代行の日はいつもよりも家に帰るのが楽しみ。

 

費用は一回あたり約7000円。

その月の回数次第だけど、平均すると諸費用込みでひと月あたり約3万円。サービスの質からすると妥当かなと思うものの、コスパの良さと家計へのインパクトは、別の話。月に3万円の使い道として正しいのか。もしこの費用が負担になったときはどうするのか。義母と同じで、一度頼ってしまうと抜け出すのは難しいよね。子供の成長とともに見直していく必要はあるかな。

 

だけどイライラが減ったのはいいこと。

私と夫は、基本的には家事も育児もきちんと分担してるし、お互いの長所短所を理解して、うまく折り合っている。だけど、掃除と片付けに関しては、性格の違いだと分かってても、片付け魔な私は夫の適当さにいらいらを溜め込みがち。それが、週に一度でも私が掃除しなくても家がきれいになるってだけで、ぐんとラクになったから不思議。夫にも娘にもいつもより優しくなれる(気がする)。

 

お風呂上がり、ブロックで遊ぶ娘。夫が足し算を教えようとしたけど、娘はまったく我関せず。笑。夫はまだ娘が分かるとは期待してないんだけど、私のほうが「もう少し興味を持ってくれたら…」と思ってしまった。(私は文系、夫は理系。)

 f:id:amamamme:20170626080846j:image