あままめログ

丸の内で働くアラフォー母の日々の記録。好きなものや、好きなこと、ときどき仕事や育児の悩みなど。

富良野&美瑛 <北海道旅行2日目>

二日目。旅行中の天気予報は終始「曇り」となっていたけど、1日目も2日目もほとんど晴れで、ときどき曇り。気温のわりに日差しが強いので雲間があるくらいがちょうどよかった。

この日は、私が死ぬまでに一度行きたいと思っていた富良野のラベンダー畑へ。朝8時にトマムを出て、9時半にファーム富田に到着。車を降りた途端、空気がラベンダーの香り。ラベンダー畑だけではなく、色とりどりの花々の畑が連なるさまが、本当に美しかった。遠景の畑や山々、青い空に白い雲。まさにガイドブック通り。笑。1日ゆっくりと富良野の花畑を巡りたいところだけど、今回はファーム富田だけを1時間半でさっくりと。途中でソフトクリーム休憩を入れたけど、やはりこれくらいが2歳児の限界かな。大好きな紫色のソフトクリームに狂喜した娘。でも、ひと口食べたら「これ違う」。やっぱり。笑。それを想定して買っておいた普通のソフトクリームに交換してあげました。色は可愛いけ味はちょっとね…。

11時に富良野を出て、美瑛のファームズ千代田へ。11時半に着いたので、まずは併設のレストランでランチ。娘はお子様ランチ、大人は美瑛牛のステーキをいただきました。お肉が美味しかった。

ふれあい牧場は思ったよりも敷地が広くて、羊、山羊、馬、牛、うさぎ、鶏、リャマなどが、綱に繋がれていたり、囲いの中にいたり。体験プログラムの事務所以外には牧場の人の姿はまったくなく、無人の餌販売所で一袋100円で餌が売られているだけ。平日であまり人が多くなかったせいかな? 自分たちのペースで自由にゆったりと動物とのふれあいを楽しめて、とてもよかった。せっかくなので餌を何袋か買って、娘と一緒に全種類の動物に餌やり体験。子牛のミルクやり(1本600円)にも挑戦したけど、2頭いたので、子牛たちの奪い合いがすごくて大変。笑。2本お願いすればよかったなー。最後に牧場の美味しいソフトクリームも堪能して、2時半ごろに出発。

当初の予定よりやや早めだったので、時間調整のために四季彩の丘に寄り道。こちらは観光バスなどが立ち寄るスポットになっていて、とにかく、人人人。トラクターバスの「ノロッコ号」に乗って園内を一回りしたあと、ひまわり畑などさくっと見て回って、終了。花畑は見事だったけど、これだけ人が多いと幼児連れで動き回るのには向いてないかな。

その後は一路富良野へ。娘はしばらくのお昼寝タイム。フラノマルシェとカンパーナ六花亭でお土産を購入した後、5時から予約しておいたジンギスカン盆賊衆で晩ごはん。リーズナブルな価格で美味しいジンギスカンをいただきました。普段から羊はよく食べるのだけれど、塩で食べる厚切り肩ロースが美味しかった!柔らかくて娘にも食べやすかったのも◎。

食事のあとは、ゆっくりと暮れていく北海道の夕暮れを楽しみながらトマムへ。富良野トマム間は約70キロ。普段車を運転しない私たちにとってはやっぱりちょっと長かったかな。(ちなみに行きは私、帰りは夫が運転。)翌朝の雲海テラスに備えて、というよりも運転疲れで、この日は早めの就寝でした。