あままめログ

丸の内で働くアラフォー母の日々の記録。好きなものや、好きなこと、ときどき仕事や育児の悩みなど。

雲海テラス、プール、川遊び@トマム <北海道旅行3日目>

この日は4時半起きで雲海テラスへ。

この雲海テラスというのは、標高1,088mにあって、天候次第で早朝に雲海を眺めることができるという、星野リゾート トマムの夏のメインアトラクション。残念ながら私たちの滞在中には雲海は発生しなかったけど、この日はすっきりとした晴天で気持ちよく早朝の散歩を楽しめたから、それはそれでよかったかな。雲海も見てみたかったけど、こればかりは自然現象だから仕方ない。

雲海テラスまではこのゴンドラで13分。降りると、カフェや展望テラス、絵葉書を出せるポストなどが。早朝の冴えた空気の中、ココアで温まったあとにテラス周辺を散策。こんな橋もあったんだけど、この日は風が強かったので渡るのがちょっと怖かった。うっかり落としてしまいそうでiPhoneはバッグから取り出せず…笑。娘は高さも揺れも意に介せず、喜んで渡っていた。高いところが怖いって感覚がまだないのかな?それとも平気なタイプなだけ?

この日の午前中は星野リゾート内でゆっくり。夫は部屋で二度寝、娘と私は施設内のプール、ミナミナビーチへ。オープン時間の9時に着いたら、当たり前だけど誰もいない。しばらく二人で貸切状態を満喫できました。笑。

ここのメインプールは波が出るのが売りなのだけれど、娘が波を怖がったので幼児用プールへ。もちろんこちらも誰もいない。こちらは水温が高めで、娘は「お風呂みたい」。笑。浮かんでいるボールや、持参した水鉄砲で遊んでいるうちに、夫が合流。本当は波のプールをもっと楽しみたかったけどそれは叶わず… 家族でプールサイドにあるジェットバスを楽しみました。娘は結局、ジェットバスが一番楽しかった模様。

11時にプールを出て、GAOアクティビティセンター隣接のグリーンキッチンでランチ。午後は空知川でファミリーリバーエクスペリエンスに参加しました。これは事前に星野リゾート トマムのウェブサイトで予約しておいたもの。星野リゾート トマムのGAOアクティビティセンターから車で20分ほどの場所で、清流空知川にて岩から川に飛び込んだり、魚釣りをしたり、ボートで川を下ったり。川遊び実質1時間半ほどだったけど、内容は充実していて満足。娘は、最初は緊張した面持ちだったけど、次第に笑顔が増えてきて、最後には「楽しかった」と。ちなみにこの日は晴れて気温が高かったので、ウェットスーツ着用。川の水の冷たさが心地よかった。

戻ったあとは、開店時間を狙って森のレストラン・ニニヌプリで晩ごはん。ここの子供椅子はビュッフェカートも兼ねていて、食事をとりにいくのがとても楽だった。写真だとちょっと分かりにくいけど、椅子の背の後ろにある板を手前に倒すと、トレーを載せられるようになってます。そして椅子の足下にも棚板がありバッグなども載せられる作り。子連れビュッフェの難しさを一気に解決するこの椅子がすべてのビュッフェに普及するといいのに。ビュッフェの内容は、前日のhalよりはこちらのニニヌプリのほうがコスパがよかったかな。メイン以外はほぼ同じようなメニューで、生野菜がリーフ類のみでフルーツがまったくないのが残念。北海道の恵みは何処へ…。ビュッフェの限界かな。