あままめログ

丸の内で働くアラフォー母の日々の記録。好きなものや、好きなこと、ときどき仕事や育児の悩みなど。

トマムー新千歳空港 <北海道旅行4日目>

天気予報では朝から雨のはずが、夜明けには雨が上がって気持ちのいい朝を迎えた4日目。

この日はプラチナムで朝食。朝ラーメンが売りということで、麺大好きの娘は大満足。だけど、3回目の朝食ともなると、同じメニューの繰り返しにちょっと飽きてくる。どのレストランにもここでしか食べられないおすすめメニューがあって、それはもちろんそれぞれに美味しいのだけど、それ以外はほぼ同じ。新鮮な野菜やフルーツがないのも残念。

朝食後は荷造りをしてチェックアウト。晴れて日差しが出てきたので、荷物はフロントに預けて、星野リゾート内の広大な前庭(?)へ。元々はゴルフ場だったらしく、とにかく広い。どこまで行っても芝生。この日は悪天候でゴンドラがキャンセルだったので、ゴンドラ乗車券を利用してカートをレンタル。ゴルフ場時代のカート用道路を走ったり、芝の上を走ったり。

娘は補助輪付き自転車にもチャレンジ。最初はペダルを漕ぐのに苦戦していたけど、気付いたらスピード上げて大爆走。

「馬にも乗りたい」と言うので、小さめのポニーで乗馬体験。慣れない乗り心地のせいか、終始緊張した面持ち。

あっという間に11時過ぎ。ザ・タワーのフロント近くにあるカフェ、ユックユックで大人はコーヒー、娘は冷たいジュースで休憩したあと、車に乗って新千歳空港へ。午前中にたっぷり遊んだ娘はもちろん車中は爆睡。レンタカー返却後、1時ごろに新千歳空港に着いて海鮮ランチ。その後は噂に聞いていた充実した空港施設を散策。娘はドラえもんパークのフリーゾーンで楽しみ、ソフトクリームを食べ、大満足。あっという間に4時のフライトの時刻が近付いてきた。余裕を持って早めに行ったはずなのに。新千歳空港、恐るべし。フライトはやや遅れたものの、5時半過ぎに羽田到着。濃密な4日間の家族旅行@北海道は、羽田からのタクシー帰宅で幕を閉じました。残されたのは、山積みの洗濯物と疲労感…笑。

今回の旅行は、トイレトレーニングをがんばった娘へのご褒美的な意味もあり、娘が非日常を楽しめることを主眼とした旅程でした。でも、結局のところ娘が楽しければ親も楽しいわけで。はしゃいだり笑ったり緊張したりドキドキしたり、東京ではできないたくさんのことを経験して、やがて疲れてぐっすり眠り込む、そんな娘の姿に癒されたのが、私たち親にとっては旅の醍醐味だったかも。所要時間に余裕のある計画を立てておいたおかげで、ゆったりと旅程をこなせたのもよかった。星野リゾートトマムには、食事面と設備面でもう少しがんばってもらいたいところだけど、サービスなど全体的には満足。次回こそ雲海を見たいし、十勝にも行ってみたいし、また北海道を旅するときにはここを拠点にしようかな。