amamammelog

丸の内で働くアラフォー母の日々の記録。

ズーラシアンブラス!

今週末は「音楽の絵本ーブラス★サンタ」へ。

去年、初めて行った「音楽の絵本」で娘がうさぎのベスに一目惚れして以来、ファンクラブにも入会して定期的にコンサートに通っているズーラシアンブラス。動物マスクとユーモアあるキャラ設定で子供の心を掴みつつ、子供にも親しみやすい楽曲やオリジナルの楽曲を本格的なブラスバンドで聞かせてくれます。子供たちを退屈させない楽しい演出だけでなく、遊び心のある楽曲アレンジで大人も楽しませてくれるのも魅力。

ズーラシアンブラスの基本メンバーは金管五重奏。ほかに弦楽四重奏の弦うさぎ、クラリネット四重奏のクラリキャット、サックス四重奏のサキソフォックスなどなど、多種多様な動物メンバーが控えていて、コンサートの編成によってメンバーが異なったり、増えたりするのも楽しみのひとつ。

今年は秋のコンサートは予定が合わず行けなかったので、この日は夏以来のコンサート。クリスマスがテーマだったのだけれど、娘も歌えるクリスマスソングが多く、冬つながりで「Let It Go」もあったりで、娘は大満足。私もとっても楽しかった。

次に3月に行く予定。春は春で、楽しいコンサートになりますように!

福袋大作戦。

年末年始の楽しみといえば福袋ー!

福袋敬遠派だった私だけど、ここ数年は娘用に子供服の福袋を買うのが楽しみ。最近の福袋には、中身が固定で公開されているもの、固定だけど非公開のもの、中身が非固定で袋によって違うものなどがあり、種類も豊富、ショップも色々。ものによっては争奪戦も激しかったりで、それが結構面白い。笑

しかし、服の好みにうるさい娘を相手にあまり冒険はできない… ので今年はmezzo pianoのおでかけセット(固定・公開・娘承認済み)と、hakka kids(固定・非公開・私の独断)の2点を購入。

mezzo pianoは今回初めて。ナルミヤ系だとpetit mainやb.roomのほうがわりと私の好みだけど、これは福袋だからかmezzo pianoにしてはシンプル。カジュアルセットも見せたけど、娘は「これがいい!」と。やはりワンピとチュールスカートは強い。笑。

hakka kidsは2年連続2回目。今回はワンピースが入らないのが残念…。今年の秋冬はいまいち好みのものがなかったけど、前回の福袋のワンピが大活躍だったから、今回も期待してたのに…。まぁそれでも買ったんだけど。笑。年明けの到着を楽しみに待ちたいと思います。

今年はここまで!!

…と思ってたけど、ノイユエームべべも気になる。どうしよう。買えたら買っちゃおうかな。

L’atelier Coccoのシュークリームー: 美味しい白金高輪 その5

シュークリームは、注文してからクリームを入れてくれるタイプが好き。

L’atelier Cocco天然酵母と国産の材料にこだわったパンと焼き菓子のお店。一見ちいさな店構えだけど奥はカフェになっていて、我が家では亀塚公園の帰りにカフェ利用することも。パンも焼き菓子もどれも小ぶりなサイズで、子どものおやつにぴったりなのもうれしい。あと、ここはパンと焼き菓子はもちろん、コーヒーも美味しい。

そういえば娘が3歳のときのバースディケーキはCoccoでお願いしたんだった。

娘のリクエストでアンパンマンしょくぱんまん。あのころはまだまだアンパンマン>>プリンセスだったんだな… ああ懐かしい。そしてこのケーキも美味しかった。

そろそろクリスマスケーキの季節。今年はCoccoもいいかな。白金高輪エリアはケーキ屋さん多いから悩ましい。笑。

What if...

もしあと3年早く結婚していたら…

せめてあと2年早く子どもを産んでいたら…

すごく疲れたときや、どうにも頑張れないときに、そんなことを考える。私はもうすっかりアラフォーなのに娘はまだ保育園。せめて30代のうちに保育園を終わらせられてたら、もう少し体力的にはラクだったのかな?娘が高校生になったころにはアラフィフ…と思うと気が遠くなる。

5歳年下の夫は明らかに私よりも余力があって、だから私は彼のこと頼れるからいいのだけれど、ほんと自分の気力体力にはどんどん自信がなくなってきた。昔よりも好不調の波がきつくなってきた気がするし、何これもしやホルモン的なもの?

とは言え、もし3年早く結婚していたとしたら、相手が今の夫ではなかったのは間違いない。もし2年早く子どもを産んでいたとしたら、会社での立場や待遇も今とは違っていたと思う。

だから、どっちがよかったかなんて、一概には言えないよね。グウィネス・パルトロウの出ていた映画、「スライディングドア」みたいに。

さ、今日もがんばろう。

クリスマスのはじまり

とうとう12月!早い!!!!

今日からアドベントカレンダーが始まって大喜びの娘(顔隠れてるけど。笑)。今年は温かみのあるイラストが可愛いメリーチョコレートのもの。チョコレートは個包装で、いろんな種類・形のものが入ってるとのこと。

開けると扉の内側にメッセージが。ひらがなが多くて、娘が自分が読むことができるのも素敵。

クリスマスツリーも出しました。我が家のサイズに合わせて買った、高さ90センチの小ぶりなクリスマスツリー。身長106センチを超えた娘には「小さい」と言われるようになってしまった… いやしかし、これ以上大きいのは無理です。部屋の中がさらに狭くなる…

そして今年はもうほぼ娘ひとりで飾り付けしてくれた。片付けもしてくれるといいなぁ… でもきっとあまりしてくれないんだろうなぁ… 笑。

なんだか今日から一気に家の中の雰囲気がクリスマスモード。毎年大体12月はクリスマスに向けてあれこれ準備してるうちに大半が過ぎ、年末年始の準備が疎かになりがち…。今年は気をつけたいと思います。

4歳、くもん始めました。

「くもんいきたい」と娘が急に言い出しまして。

話を聞いてみると、保育園で仲良しのお友達が公文に通い始めたのが羨ましいらしい。くもんは遊ぶところじゃないのよと説明し、しばらく様子を見ていたものの、事あるごとに「くもんいきたい」と言うので、まずは今月の無料体験に参加することに。

そして迎えた初日。園児も小学生も入り乱れた教室の雰囲気に最初は少し圧倒された様子だった娘… しかし念願の公文デビューとあって、先生におだてられながら与えられた教材をさくさくとこなしていく(この日は親付き添い)。なんだか本人は得意げだけど、まだ初回だからね…宿題をこなせるか、継続して通うことができるか、そちらの方が断然ハードルが高い。案の定、家に帰ったらこの日は一枚でおしまい。おいおいおいおい…

結局、なんとか3回の無料体験(1回は旅行でお休み)を終えて、「通う!宿題もやる!」とまだまだ本人のモチベーションが高いようなので、ひとまずは入会を決めました。習いごとはやりたいときにやらせたほうがよいかなと思って。

かく言う私は、小学校入学と同時に親のすすめで公文を始めたものの、公文式は性に合わなくて続けられずにやめてしまったタイプ。性格によって合うやり方、合わないやり方ってあるよね。理解の早さや、考える力の身につき方も、人それぞれ。娘には何が合うのかまだ分からないけど、ひとまずは楽しく続けられるように公文サポートがんばります(親のほうが大変かもしれない…)。

紅葉 in 京都 ー 3日目

京都滞在の締めに、観光タクシーで嵐山観光。朝は少し早めのお迎えにしてもらったんだけど、それでももうびっくりするくらい混んでた。薄曇りでiPhone写真はどれも暗めだし、人が多すぎで写り込みまくり… だったけど紅葉は本当に綺麗だった。

宝厳院、天龍寺、竹林の小径を堪能して、メインの通りに戻ってから渡月橋へ… と思ったら橋の上の人の数がやばすぎて、橋のたもとで警察が交通整理(人混み整理?)していた。どう見たって子連れには苦行なので、諦めて橋の手前のお茶屋さんへ退避。子連れ観光は諦めと引き際が肝要。

竹林の小径を引き返しながら撮った写真。今見てみると、迫り来る群衆がやばい。笑。

嵐山から逃げ出したあとは、八ツ橋手作り体験。粉を混ぜて蒸して練って伸ばして包んで… あら意外と簡単。4歳娘でもほとんどアシストなしでできてたので、京都子連れ旅のアクティビティとして結構おすすめ。小一時間でさっくり仕上がるのも◎!

自分で作った八ツ橋に感慨もひとしおな娘… でも、娘はまだ八ツ橋食べたことなかったかも?

ランチの後は梅小路公園へ。子供向けの遊具が充実していて素晴らしい!登る系遊具大好きな娘はロープジャングルジムのてっぺんまで登って大はしゃぎ。午前中の嵐山に比べてよっぽどテンションが高かった。幼児だもん当たり前か。

その後一旦ホテルに戻って荷物をピックアップしてから京都駅へ。この日の京都駅の混雑はやばかった… 阿闍梨餅は売り切れ、551 蓬莱に長蛇の列。疲れきった私は新幹線に乗るや否や爆睡で気付いたら新横浜… 笑。次回は比較的空いてる時期に行こう。うん。