amamammelog

都心で働き、都心に暮らす40代母の日々の記録。

恋愛とギリギリの何か。

先週、13年ぶりに友達と会った。

アメリカの大学で英語プログラムを受講していたときのクラスメイト。サウジアラビア人の男性で、今はサウジアラビア中央銀行で働いていて、今回は東京で開かれた金融の国際会議に出席するために来たとのこと。Facebookで繋がってはいたものの、サウジアラビアは文化的にも地理的にも遠すぎて、もう二度と会えないかと思っていただけに、本当にびっくりして嬉しくて、すぐに予定を調整して会う約束をした。人生って、ほんと何が起こるか分からない。

しかし13年は長い。会うまでは少し心配していた。サウジアラビアに戻って久しい彼は、もうアメリカで出会ったときの彼とは違うかもしれない。でも、そんなのはまったくの杞憂で、顔を見たら一瞬で13年前に引き戻された。覚えているよりも恰幅がよくなって眼鏡もかけていたけれど、13年て意外と大したことないじゃん。お互いにただ少し大人になっただけ。

そこから3時間、食事なんかほぼそっちのけでノンストップで話し込んだ。13年前の思い出。最近の暮らし。お互いの国の状況。サウジアラビアにも税金が導入され、オイルマネーに頼らない開発を進めてるとか。数年前に初めて映画館もできて(!)、若い世代を中心に変化が起きているとか。とにかくもう楽しくて興味深くて名残惜しくて、食事のあとは意味もなく二人で銀座を散歩した。13年前も今も、恋愛に近いけれど恋愛にはならない。多分これは恋愛とギリギリの何かだけれど、日本とサウジアラビアはいろんな意味で遠すぎて違いすぎて、お互いに永遠に踏み込めない。だけどかだからか、最高に居心地がよい。

13年前の自分に戻って、また今の自分に帰って、この夜は、なんだかすごく新鮮で濃密だった。これもお互いに今が幸せで安定しているからこそかな。ただ、よい思い出がまた一つ積み重なっただけ。またいつか会えたらいいな。サウジアラビアにはとても行ける気がしないけれど(笑)、アメリカか、ドバイか。あるいはまた東京か。

長く生きていれば叶うかな。がんばって生きよう。

10連休備忘録 その3

2015年8月に娘が保育園に入園して以来、こんなに長く(と言っても10日だけど)娘と一緒に過ごしたのってこれが初めてかも、と連休終盤になって気付いた。連休前はいろいろと危惧していたけど、終わってみたらちっとも長く感じなかったし、さほど疲れもストレスもなかった。4歳児ひとりなんだからそんなもの?それとも時間と心の余裕のせい?

終盤三日間のうち、二日間は地元のお祭りに乗じて、娘の保育園友達家族と公園で遊んだり、突然の家飲みに誘われてお邪魔したり。

昨年度からじわじわと広げてきた保育園友達の和だけれど、今年度は小学校の学区が同じエリアの保育園友達のパパママとの関係が進展中。娘の一番仲良しの友達は残念ながら別学区で、越境あるいは近距離引っ越しも考慮中なんだけど、同じ区立小学校でも結構カラーが違うのもあって悩ましい… いっそ娘に選ばせたほうがいいのか…

しかし、まー、土地柄なのかなんなのか、みなさん結構すごいキャリアやお仕事の人が多いし、みなさん本当にまっとうでいい親御さんばかり。面倒くさい人や避けたくなるような人が一切いない。巷で話題になるママ同士の揉めごとかなんとかって、一体どこで起きてるの?ってくらい、保育園関係の付き合いで怖い目にあったことないんですけど。これってやっぱりあれかしら… 小学校に入って洗礼受ける感じかしら…。

最終日、夫と娘は、夫幼馴染とその子どもと4人で上野動物園へ。私は掃除と洗濯と料理と、休養。笑。この10日間のあいだに、目標としていたクローゼットと納戸の不用品整理も終わったし、家中の布という布を洗うこともできたし、とにかく娘が毎日たくさん遊んでくたくたになってしあわせそうでよかった。私と夫の間には小さなささくれもあったけど、この3人という小さな家族がとても円満でバランスよく機能していることにしあわせを感じた。

10連休、とりたてて何もなかったと言えばなかったけど、毎日がほんと楽しかったなー。明日からの怒涛の日々に備えて、今夜はぐっすり眠ろう。

10連休備忘録 その2

4/30から5/3のメインイベント

  • ピクサー展(夫&娘)
  • マクセルアクアパーク(私&娘&同僚親子)
  • 親子3人でヘアカット
  • 迎賓館赤坂のガーデンカフェ(私&娘)
  • ズーラシアンブラスファンクラブコンサート(私&娘)

このほかにも近隣や外出先の公園で遊んだり、美味しいものを食べに出かけたりもしたけど、相変わらずゆるっとした10連休。区内&隣接区内をまったく出ていない。この行動範囲の狭さ、逆になんかすごくない?笑。そして残りもがっつり区内で過ごす予定。長すぎて苦痛と思われた10連休ももうあと少しと思うとなんだか寂しい。

ちなみに7日消化した時点で、3人で過ごした日が2日、夫&娘が1日、私&娘が4日。夫の夜外出も2回あり、めずらしく私の方が多くの時間を娘と過ごしている!!笑。二人でおでかけも家でワンオペもまったく大変じゃなくて、もちろんもうすぐ5歳だし娘一人というのもあるだろうけど、もしかしたらうちの娘ってば意外と手のかからないいい子なのかもしれない、と思い始めた。公文の宿題もほぼ毎日自ら少しずつやってるし、本当だれに似たんだろう…?

いい子なのはありがたい。保育園でも担任の先生曰く「すごくいい子」らしいし、ひどい癇癪を起こすことはまったくないし、決められたことや注意されたことはわりときちんと守る。だけど、いい子すぎるのもなんかちょっと心配になるんだよね。もともと臆病で怖がりな性格ではあるけど、それが転じて守りに入りすぎているのではないかと。

私も夫もそんなにがみがみいうタイプでもないし、威圧的な態度も取っていないと思うんだけど、ほんとうちの娘は根っからの怖がりだからな…。なんたって相変わらず怖くてプリキュアが観られないレベル(笑)。知らず知らずのうちに「いい子でいなきゃ」ってプレッシャーを与えてしまっていたらどうしよう。不安感とか恐怖感を上手に中和してあげる育て方が知りたい。

10連休備忘録、その1(多分)

3日経ったのにまだ折り返しどころか3分の1も消化してないなんて、さすが10連休。昨日と今日の2日間はほぼ娘と二人で過ごしたんだけど、覚悟していたよりもずっと大変じゃなかった。休日ゆえに私の心と時間に余裕があったのもあるけど、4歳8ヶ月って意外と一丁前だわ。もはや母親の私のほうが娘の成長にキャッチアップしきれていない…。遠出などのビッグイベントなしの10連休はなかなかにハードではあるけど、日常の近いペースで娘とがっつり10日間過ごすって、娘を知るのによい機会でもあるのかも。そう思ってがんばろう。あと7日間!

先日の池袋暴走事故で、妻子を亡くした男性が会見していたけれど、私は父のことを思い出して、なんだかどうしても見られなかった。父は32歳のときに妊娠中の妻(私の母)を突然のできごとで亡くした。当時私と弟は4歳と2歳。私が大人になってから「お母さんが死んだ直後には子連れで後追い自殺も考えた」と父が話してくれたことがあった。冗談ぽくだったけど、当時はものすごい絶望の底にいたのだろうし、もしかしたら結構真剣に考えたのかもしれない。死にもいろいろあるけれど、ああいう誰かの過失による死は本当に本当に悔しい。

そういえば娘は4歳8ヶ月を過ぎて、母を亡くした当時の私の年・月齢を超えた。私は結婚も出産も母より10年遅れで、母が亡くなった年齢はとっくの昔に超えているのだけれど、ここから先は母親としても母の経験値を超えていくのかと思うと、なんだか感慨深い。そして私はまだちゃんと生きていて、娘には当たり前のように母親がいる生活を謳歌していて、本当によかったなーと思う。なんの根拠もないのに、この節目を超えるのがなんだかずっと不安だったんだよね…。長年「母親なしで育ったコンプレックス」を拗らせている私ではあるけれど(まーでもそれも悪いことばかりではなかったけど)、娘には普通の「お母さんがいる日常(人生)」を与えてあげられますように。

と言いつつ、そもそも私は「普通」がなんなのか分かってない気が…。インターネットのある時代でよかった。笑。

空白の6日間。

もうあと一週間で10連休。ぜんぜん待ち遠しくなくて、むしろそれ以前にこなさないといけない仕事の量とか、その後に待っている仕事の量とか、スケジュールの調整とか、考えただけでもう気が遠くなりそうなんだけど、それよりも問題は10連休なのに予定がほとんど入ってないことだと、今さらながら気付いて呆然としている。10日間のうち、予定が入っているのは4日だけ。あと6日は完全白紙。ノーマーク。娘の保育園友達からのお誘いをいただいた日に限ってもう予定が入っていたりでなかなか埋まらないんですけど!もう!

晴れていれば延々公園めぐりもありだけど、雨のときのプランも考えておかないとな…。というわけで今からでもふらっと行けそうな、あるいは予約取れそうな、子供向けイベントをリサーチ中。移動も混みそうだからできれば片道30分以内。ラフォルジュルネは多分まだチケット取れそうだし2年前に行ってよかったから候補だけど、ズーラシアンブラスと連日になってしまうのが娘の不興を買いそう。近場の水族館もいいけどまぁ当たり前のように混むよね。年パス切れちゃったけど5月末までの半額チケットあるからそれで行くか。あとホテルのスイーツビュッフェも、元が取れそうにないところに目をつぶれば楽しいかも。京王プラザホテルのシンデレラがテーマのとか、インターコンチネンタルのアリスのイースターがテーマのとか、ビジュアルすごく可愛い。東京タワーははなかっぱ、ドームシティはしまじろう。しまじろうとドラえもんはまだ映画もやっているっぽい。あとは地元のお祭り。娘の保育園友達で誰か行かないか聞いてみるか。

今日はグッドフライディ。平穏な一日になりますように!

「The Marvelous Mrs. Maisel S1/S2」ー 華やかで不自由な時代とコメディ

1950年代、アメリカがもっとも豊かでパワフルだった時代のニューヨークが舞台コメディドラマ。華やかなライフスタイルやファッションの陰にある女性たちの人生の不自由さを描きつつも、あくまでもエンターテイメント路線なのが潔い。

1958年。アッパーミドルクラスのユダヤ人家庭の主婦、26歳のミッジことミリアム・メイゼルは、アッパーウエストサイドで夫ジョールと二人の幼い子供とともに幸せに暮らしていた。

会社勤めをしながらも、コメディアンになる夢を諦めきれず、夜には場末のコメディクラブでステージに立つジョール。ミッジはそんな夫を妻として健気に支えるが、自分の才能の無さに苛立ったジョールは秘書と浮気をして家を出て行ってしまう。自暴自棄になったミッジは泥酔してコメディクラブのステージに上がり、自分の惨状をコミカルにぶちまけて大喝采を浴びる。そして自分の才能に気づいたミッジは、新しい生き方を模索し始めるー

二児の母親という設定が嘘なんじゃないかってくらい子供と関わるシーンが少ないけど、これは働く母親とか女性のキャリアとかではなく、「ミッジ」という女性を楽しむドラマ。裕福な家庭の娘は経済力のある夫を捕まえて優雅な専業主婦ライフ(メイド&ベビーシッター付き)を送るのが理想と刷り込まれていた時代に、夫に棄てられたミッジはアイデンティティと自分の世界の崩壊を経験するわけだけど、そこからステレオタイプな専業主婦の殻を破ってスタンダップコメディの世界でキャリアを追い求めるところがテンポよく描かれている。ミッジはとにかく面白くて可愛くてパワフルでチャーミング。貧乏暮らしで女らしさゼロのマネジャー、スージーとの対照的だけど息の合ったコンビネーションが絶妙だったり、ミッジを取り巻く他の面々もなかなかのキャラクター揃いだったり、設定が濃くて豊かで面白い。役者もすごく良い。

しかしアメリカの50年代ってすごい時代だったのね。ライフスタイルとか社会的価値観とか、現代を生きる身からすると衝撃すぎてファンタジーのレベル。例えば、化粧したまま夫と一緒にベッドに入って、夫が寝たら起きてスキンケアして、朝は夫より先に起きて化粧をしてまたベッドに戻り、夫に起こされたふりをするとか、「素敵な奥様」がもはやライフワークというかアートというか。不平不満なく笑顔でこなしているあれこれが、私からしたら本当にありえない。また一方で、ミッジが舞台で「妊娠」をネタにしようとしたら「妊娠」は舞台では禁止だと降ろされたり、なんだかんだで女性という性への風あたりの強さというかタブー感もあったり。戦後っていうだけでさほど遠くない気がしてたけど、 1958年ってもう約60年前なんだもんね。客観的には興味深いし面白いんだけど、いまの私が生きていくのには不自由極まりなさそう。

あ、でも、ミッジや他の女性たちの50年代ファッションがはすごく可愛くてすごく素敵、というか私好みで、それを見ているのも楽しかった!50年代ファッションがリバイバルしたらいいのになー。(あ、その前にダイエット…笑)

平成最後の報告書

決算期末やら年度末やら、いろいろな理由で4月は提出を求められる書類が多い。残高とか取引高と時価評価とか、種類も様々。社内では和暦は使わないけど、社外に提出する報告書の類で様式が指定されているものはほぼ和暦。作成しながら、今月が平成最後の報告書か、なんて思った。

とは言え、作成する報告書の数が多すぎてしんみりするどころかうんざりだからあれなんだけど、報告を受ける側の人たちは平成を令和に書き換えるのにうんざりしてるのかもしれないな。新しい元号の響きは素敵だけど、がっつり影響される人はきっと嬉しくないよね。

ともかく今週は仕事の忙しさが年に一度の大フィーバー。昨日おとといと連続で朝8時から夜9時近くまでがりがりと全速力で働いてたら、今日の夕方にはもう体力切れちゃった。笑。期日の近いものはなんとか消化したから、今日は5時半上がりで保育園にお迎え行って、二日ぶりに3人で晩ごはん。家族の日常が私のしあわせ。

しかし、本当いつになったらこの手のオールドファッションな報告書とか作成業務とかって自動化されるのーー??報告書自体が紙で提出な時点でダメなんだけど、AIとかロボティクスとか、正直ぜんっぜん使えない。対応しきれない。毎年毎年自動化の計画だけは立てるんだけど、あれこれ時間がかかっているうちに報告書の様式が変わったり、報告を求められる事項が変わったり、なんなら関係する法令やら規制やらが変わったりして、まったく進まない。笑。

金融事務はいずれAIに置換されるって言われるけど、いまのところはAIで人が減っていく実感はまったくない。人件費が安いほうに仕事を持っていくのは盛んだけど、クオリティが低すぎてこっちの監督業務が増えたりして、結局なにも変わらない。20年くらい経ったら違ってくるのかな。そのころ私は何をしていることやら。

ところで、完全に話は逸れるけど、GUのマシュマロポインテッドパンプス(2,490円+税)が意外と侮れないと聞いて試しに買って履いてみたら本当に侮れない良品だった。まったく痛くないし靴擦れもしない。気に入りすぎて色違いも即追加購入しちゃった。だって、この値段なら保育園でうっかり砂や泥に塗れてもぜんぜん惜しくない。笑。GUと教えてくれた人ありがとうー!(ここで書いても届かないけど)