あままめログ

丸の内で働くアラフォー母の日々の記録。好きなものや、好きなこと、ときどき仕事や育児の悩みなど。

私の本棚、娘の本棚。

相変わらず仕事では忙しくて余裕がない状態が続いているのに、というか、多分そういう状態が続いているから、9月に入ってからすでに3冊も本を読了していた。

私のヴァーチャル本棚、"Goodreads"のスクリーンショット

Kindleと連携させて読書ログを取っているのだけれど、最近は週に一冊ペース。普段は大体2週間、長いと1か月くらいかけてゆるゆる読んでいるのと比べると、格段に速い。笑。

昔から私は、忙しければ忙しいほど気分転換、あるいは現実逃避に、読書に費やす時間が増える。と言っても、今はあまり自分の時間はなく、通勤中とか、寝る前の30分とか、ちょっとした隙間時間ばかりだけど、本の世界に入ると意識が現実からすぱっと切り離されるのが、私の最大のストレス発散。Kindleのおかげで、iPhoneさえあればいつでもどこでも本を読めるのが本当にありがたい。

Kindleになって自分の本は増えなくなったけど、娘の絵本は増えていく一方。先日、リビングの隅の奥行30cm幅60cmほどのスペースにおけるサイズの本棚を買い足した。

家具の里の「ひのき香る無垢の絵本棚」 https://item.rakuten.co.jp/kagunosato/44-2241/

高さ72cm、幅58cm、奥行29cmと、サイズはコンパクトだけど、しっかりとした造りに、無駄のないデザイン。素材は国産ひのきで、仕上げは水性塗料。上部のディスプレイ棚は前板が斜めになっていて小さめの本も置けるし、下部は高さが30cmあって図鑑が収まる上に、仕切りがないのが使いやすい。

数えてみたら我が家には絵本が165冊もあり、大半は寝室とリビングの本棚に置いたままだけど、娘はこの表紙が見える本棚の到来に大喜び。さっそく今お気に入りの絵本を並べていた。ここに置いてある絵本を手に取ることが増えたから、今後は季節ものや新しい絵本などと入れ替えながら楽しもうかな。

しかし絵本はどこまで増えていくんだろう。良いものを見つけるとついつい買ってしまう私がいけないんだけど… そろそろ図書館も活用しようっと。

充電の三連休。

雨の中、走る二人。この後、娘は大きな水たまりでばっしゃーんと転んでずぶ濡れに。笑。

9月に入ってから、予想どおりの忙しい日々が続いている。勤務時間は朝20分&晩30分ほど長くなっただけだけど、日々新しいタスクを担うことによる緊張感とストレスがすごくて、仕事以外の時間はまったく頭が働かない。今までは通勤時間とか寝る前とか、ちょっとした時間で書けてたのに、今は読むのが精一杯。

だけどこの三連休は、台風で予定がキャンセルになったのもあって、やっと少しのんびりできた!

昨日は碑文谷公園&ヒグマドーナツ。ここのドーナツの美味しさはほかの店の追随を許さないと思う。揚げたてが最高なのはもちろん、冷めてもふわふわ軽くて美味しい。パンドーナツ派は死ぬ前に一度は行くべし。私はできれば月に一度くらいは食べたい。

今日は娘と私の服の入れ替えをして、ついでにゴミ袋3つ分も断捨離。ああ気分すっきり。私の服に関しては、毎年かなり処分してるはずなのに、まだまだ処分するものが出てくるのが不思議。ミニマルライフにはまったく程遠い。これでも独身時代に比べたら服も靴も大分減らしたのになー。でもまだもうちょっと減らしたい。

買ってあった雑誌もやっと目を通せた。Kodomoeは定期購読中、CHANTOとかぞくのじかんは特集に目を引かれてAmazonジャケ買い。効率のいい家事や収納、有益なお金や時間の使い方… 最近は日々の些事にかまけてまったく見直しできてない。少しずつでも手をつけなきゃなー。今月から保育料が約2倍になったから、家計の引き締めは必須課題。

私の産休育休があったり、夫の転職があったりで、2年前までは世帯収入にばらつきがあった。昨年は二人ともフルで働いて、今年もフルで働くから、2、3年前の不振をカバーするくらいの貯蓄はできているけど、本当はもうちょっと貯蓄ができていいはずなんだよね。せっかく金銭の出納はきっちり記録してるんだから活かさなきゃ。

…でも、それはまた次の休みくらいに考えようかな。笑。この三連休は充電優先!明日はお天気がよくなりますように。

歩くよりも走りたい。

1歳のころは運ばれるのに飽きたのかやたらと自分で歩きたがり、2歳になったら抱っこやベビーカーでラクをしたがるようになり、3歳になったら歩くなんてだるいと勢いよく走り出すようになりました。しかも意外と速い。

家から保育園まで、大人の足で7、8分なんだけど、最近はこれを朝晩走って行き来しているらしい(ちなみに坂道)。ここのところ忙しくて私はあまりお迎えに行けていないのだけれど、行けるときにはパンプスはやめてスニーカーにしよう…

ところで最近の娘は、生まれて何度目かの絶賛パパ大好き期を迎えた模様。私が朝15分早く家を出ても保育園に迎えに行けなくても帰りが多少遅くなっても、ちっとも気にならないらしい(あるいは気付いてない)。少し前はパパいやいや期だったのに、大好き期もいやいや期も、何がトリガーなのかさっぱり分からない。まぁ、大好き期って言ってもものすっごく年下の彼女に夫が一方的に振り回されてるみたいな図ではあるけど。(そして夫は基本面倒くさそう。笑。)

面倒くさいのも愛なんだよね。

意識低い系イクメンと、 "Way of the Worrier Kid"

「なんかしばらく見ないうちにゴツくなったなー」

先日駅でばったり会った友人から夫への一言。まぁ毎日のように体重約14キロの娘を毎日抱えて歩いてたらそうなるよね。いまの夫は、明らかに3年前の夫よりも上半身が逞しい。笑。

夫は、いわゆるイクメンの部類に入ると思う。娘の保育園の送迎は、送りは100%、迎えは60%、夫が担当。基本的に午後5時以降にミーティングは入れないし、外で飲むときは娘をお迎えに行って家に連れて帰ってから出る。日々の食事などの世話も問題なくこなせるし、娘と二人で1日遠出するのも平気。家では体力遊びもすれば絵本も読むし、段ボールでバスだって作る。

なのに本人はイクメンという呼称が嫌い。当たり前のことをしているだけでそんな風に持ち上げられる理由が分からない、とか可愛いくないことを言う。まぁ何か理想や目標を持って育児しているタイプではないからかな。家事でも育児でも、夫には夫/妻(あるいは母親/父親)という役割の仕分けがなく、「手伝う」「参加する」という感覚もないらしい。つまりすべてがチームワーク。そこは評価に値するけど、多少粗雑で場当たり的なところが玉に瑕。そんな夫のことを私は意識低い系イクメンと呼んでいる。性格的な得手不得手はあると思うけど、も少し自己啓発イクメンを見習ってくれたらな…

なんてひそかに思っていたら、夫から「今後の子育てに役に立つかもしれないから読んでみる?」と本を手渡された。

“Way of the Worrier Kid”

著者は元Navy SEALsのJocko Willinkというゴツい見た目のオジサン。夫は最近、この人が書いた"Extreme Ownership" というマッチョ系リーダーシップ本を読んでいたのだけれど、これはその人が子供向けに書いた本とのこと。"泣き言だらけの負け犬の10歳男児をNavy SEALの叔父さんがひと夏で鍛え直す"という内容らしい。

逞しい著者近影!そしてどうやらトレーニングにはたくさんのpull-upsやsit-upsなんかが含まれる模様。プリンセスブーム満開な女子の今後の子育てに役に立つようなメッセージが得られるんだろうか… 。まぁ学校でサバイバルできる強い子になって欲しいとは思ってるから、メンタル面を鍛えることにはやぶさかではないけどね。ひとまずは読んでみるかな。

愛用のまな板をリニューアル。四万十ひのきの極めまな板。

先日、ふるさと納税のサイトを見ていたら、とある市の返礼品に我が家の愛用まな板を発見。数年前にネット通販で購入して、気に入ってずっと使っていたんだけど、そう言えばもうかなり老朽化してきてる… 。いい機会だからとふるさと納税に申し込みをして、届いたのがこちら。

あ。今まで使ってたまな板よりグレードが高いかも。1枚は長方形の大きめサイズ、もう一枚は正方形の小さめサイズ。どちらも軽くて、檜のいい香り。

このまな板の何が好きって、スタンドがついてて自立するところが好き。普段まな板は洗って水を切ったあと、調理台に立てて乾かしてるんだけど、自立するからキッチンのどこにでも置けるし、しっかり乾くから清潔に保てる。キッチンの光景として見栄えもは微妙かもしれないけど、置き場所を選ばない&固定しない手軽さがやめられない…。こういう性格だからなかなかすっきりしてセンスのいい家には近付けないんだろうなぁ。

我が家のまな板の定位置は調理台の奥の小上がりになってるスペース。

調理台より10センチ高く、奥行は12センチほど。最初はどう使おうかと思ったけど、調味料を置いたり、レシピを見るためiPadを置いたり、意外と使い勝手がいい。我が家は築年数古めのマンションだけど、ファミリータイプの分譲マンションをオーナーさんから賃貸してるので、基本とても住みやすい。立地もいいし賃料もリーズナブルだし、できるだけ長く住みたいなー。

子供向けじゃないコンサートデビュー!ブラックボトムブラスバンド

ブラック ボトム ブラス バンド “ ホーンズ ア ゴーゴー”@赤坂に家族3人で行ってきました。

楽しかった!!!

年齢制限なしとは言え、子供向けじゃないコンサートに娘を連れて行くのはちょっと心配だったけど、バンドのノリと演奏の迫力に呑まれたのか、わりと真面目に聴いていた(気がする)。いままで経験した子供向けコンサートと違って休憩なしで約2時間はさすがに長かったのか、後半はちょっと落ち着きがなくなってたけど、そこはまだ3歳児…。まわりに迷惑をかけるほどではなかったから及第点かな。子供向けじゃないコンサートは数年ぶりだった私は、たぶん娘よりも楽しんでた。笑。私自身は歌も楽器もぜんっぜんダメだけど、生の演奏や歌を聞くのは大好き。こういうコンサート、もっとあったらいいのになー。

ちなみの今回のチケットは大人2500円、未就学児500円と、わりとお手ごろ。開始時間も16時からと3歳児にも無理のない時間帯でよかった。終わったあとは、赤坂でおそばを食べて帰りました。夜の赤坂なんてひさしぶり!と言ってもまだ宵の口だったからあまり人通りは多くなく、通りはすっかり様変わりして見えたけど、そこここに思い出のある場所も残っていた。でも、ついこの間のように思えるけど、何もかも5年以上前なんだなー。

そりゃ私もアラフォーにもなるわ…笑。

祝3歳!今日もいつものお店でお花を。

娘の誕生日祝いにお花を買った。

お気に入りの花屋、レ ミルフォイユ ドゥ リベルテにオーダーしておいたものを受け取りに行ってきた。都内には花屋はいっぱいあるけれど、私はここが一番好き。好きすぎて、結婚パーティのときのお花をお願いしたくらい。笑。今回は娘の好きなピンクと紫を使って可愛らしく、とお願いしていたんだけど、イメージ通りの雰囲気で満足。都内にはあちこち店舗があるけれど、どこに行ってもハズレがないのも助かる!(ちなみに今回は丸の内のお店。)

http://www.liberte-f.co.jp/

お花を受け取った娘は大喜び。さっそく「一緒に写真を撮って!」と、お花を抱えてポーズを取っていた。3歳になるんだから当たり前だけど、本当にもうすっかり言動が幼児でびっくりする。そのうち美肌加工してとかインスタにあげてとか言い出したりするんだろうか。インスタには手が出ないレベルのSNS引きこもりの私にはついていけない気がして怖い。

しかし生まれてもう丸3年か。早かったけど、まだまだ先は長いな。どうかこれから始まる一年も、無事健やかに成長してくれますように。

お花ショットではなく3歳記念ショット。大きな「3」の風船を用意したのに、こちらはちゃんと抱えたショットを撮らせてはくれず…笑。ま、楽しそうだったからいっか。